toggle
2012-06-11

「ベビーマッサージ&産後ヨガ(プチ)」レポート

みなさまこんにちは!Aiです。

いよいよ関東も梅雨入りですが、その直前の6月7日(木)に、
「ベビーマッサージ&産後ヨガ(プチ)」を行いました。

このイベントはハスヨガ八柱クラスでお馴染みのカフェ、「スローコーヒー」で開催。
マッサージを受けたのは1歳2ヶ月の元気な男の子!と、我が息子(3ヶ月)です。

生まれた直後からマッサージを受ける習慣のあるウガンダの赤ちゃんは、
一ヶ月すぎには首が据わり、1歳のころには走り始めるとか!?笑
まぁ、肉体の成長をいそがなくてもいいとは思うのですが、
何より肌と肌の触れ合いは赤ちゃんとママにとって大切なもの。
ミルクとオムツ交換だけでは生きていけないぐらい、赤ちゃんにとってタッチは必要なのです。
とはいえ、このごろのママは、一日中自分の赤ちゃんと向かい合っていられない。。。ということも耳にします。
目をみて言葉をかけ、時に歌いながらたっぷりの愛情を注いでいくマッサージは、
育児を楽しく、幸せな時間にしてくれる。そんなことも実感していただきたいと思っていました。

はじめるのは、まだネンネの早い時期がおすすめなのですが、
今回の参加者1歳2ヶ月のBabyは、ちょっと危なっかしいながらもヨチヨチ歩きはじめたころ。
こうなると好奇心旺盛な彼がじっとしてはいられません。
すっぽんぽんの解放感も手伝って!?、とてもご機嫌に動き回ります。
これも成長の証。生まれてたった1年ちょっとで、こんなにも色んなことが出来るようになるんですね。
擬態語やお歌で気をひきながら、無理強いしない範囲でやっていただきました。
きっと少しずつ「気持がいい。嬉しい。」ということに気が付いていってくれるんじゃないかな?

マッサージの後はママのヨーガ
どんどん成長する子どもを追いかけ回すママのケアも大事ですからね。

乳児期は家に例えると土台作りの時。
その上の柱や屋根や内装などと違って見えなくなってしまうけど、
やり直すことになったらちょっと大変な部分です。
だからといって肩肘はるのではないけれど、ヨーガという人を見つめるツールは育児の時間も豊かにしてくれます。
(そう、わたしのベビーマッサージはヨーガ的視点なのです!)
改めて、ヨーガっていいな~と思いました。

今度はちひろ先生がわらべ歌を歌いながら行うベビーマッサージクラスを開催する予定です!
ご興味がある方は、チェックしていて下さいね!

関連記事
-->