toggle
2009-05-04

5月のNatural Flow&リラックスYOGA

すっかり初夏の空気になってきましたね。
体もずいぶん動かしやすくなるこの5月、
Natural Flow YOGAそしてリラックスYOGAは
「骨盤」にフォーカスしていきたいと思います。
体を安定させる土台でもあり、動くときの要でもある骨盤。
あまり意識したことないかもしれませんが、
朝と夜とで、あるいは息を吸ったり吐いたりする度に、
ゆるんで開いたり、締まったりとわずかながら動くもの。
特に女性は生理周期や、妊娠出産といったことから、
男性よりも動きやすいといわれています。
とはいっても骨盤の関節が動くのはほんの数ミリ。
でも、このわずかな動きが大切なのです。
骨盤まわりの筋肉が日常の姿勢や動作のクセなどで、
縮んだり固まったりして自由に動けなくなってしまうことがあります。
そのことで姿勢や動きに不必要な負担をかけたり、
血流やリンパの流れを悪くしたり。
ホルモンバランスや体のラインも崩してしまう原因にも。
骨盤まわりをゆるめ、自由に動くようにしてあげる。
そうすると体は自然と本来の一番いい状態へと戻ってくれます。
そしてちょっと意外なお話ですが骨盤と背骨でつながる頭、
この頭がギューと緊張してくると骨盤も固まってしまうとか。
頭の中もふわりとやわらか~く自由にしておくこともポイント。
自由な骨盤は、柔軟で安定した強さをつくり出してくれます。
「しなやかに、そして力強く」がキーワード☆
爽やかな5月の風の中、そんな心身を目指していきましょう♪

関連記事
-->