toggle
2009-05-31

6月のNatural Flow&リラックスYOGA

このまま梅雨入りしちゃいそうな、しとしと雨が続いていますねー。
そんな雨の中かもしれない6月のクラスは「手放す」がテーマ。
ヨガをはじめたばかりのころ、ひとつのポーズをとるのに一生懸命だったりしました。
形をつくることに気をとられて、無理してでも~って気持ちもあり、
つま先の向き、膝の角度、背骨はのばして、肩下ろして...、
やっと形になったところで「苦~っ!」みたいな笑
もちろん形も大事だし、「一生懸命」を否定するのではないのだけど。
ヨガの本質はそんな頑張りとはちょっと違っていたりします。
ヨガを深めるには8つの技法があるといわれています。
ふだんクラスで行うアーサナ(ポーズ)はその中のひとつ。
他の7つの中にプラティヤハラ=「制感」というのがあります。
あらゆる感覚(五感)を意識的に抑え、断ち切ること。
それにより固定概念や周りへの執着を無くすことができ、
感情や欲望に心が乱されないようにすること、だとか。
うーん、なんだか修行みたいで難しそうですねー笑。
だからやっぱりアーサナなんです。
プラティヤハラはいつものアーサナをもう一歩深めるキーワード♪
アーサナの形をつくると同時に力を「手放す」意識を持ってみる。
頑張りやさんほど力でなんとかしようとしているものです。
不思議とぐ~んと楽になりますよ。
また身体のどこか一点、強い刺激のある部分にだけフォーカスしないで全体を均質に感じていく事。
そう、ズームインではなくフェイドアウトのイメージね。
力や感覚を完全に手放すことはできなくても、
自分の身体を少し遠くからとらえることをアーサナを通して体感してみて!
こんなふうに身体を客観的にとらえる方法がつかめると、
心も「自分が自分が」というエゴから離れていけるかも。
「こうしなくては」とか「こうあるべき」という固定概念や執着。
これに心を乱されるときってズームインになってませんか?
上手に手放して梅雨の季節も心ははれやかに楽しんでいきましょう♪

関連記事
-->