toggle
2019-06-02

【120分ワークショップ】2019/6/30(日) 10:30〜12:30 牛の顔のポーズの「痛い」「できない」、それってホント?動きを分析しよう「うで編」

牛の顔のポーズの「痛い」「できない」、それってホント?動きを分析しよう「うで編」

動きのプロセスを探求するYOGA BASE LABの2時間ワークショップが開催決定!
「動きやすさの法則」を基に、特定のアーサナをスムーズに行うにはどのようにカラダを動かせばいいのか、体験的に分析していきます。

指導に悩んでいるインストラクターさんに贈る!カラダの動かし方を知って、もっと気持ちいい牛の顔のポーズにしよう!

第1回目は牛の顔のポーズ(ゴムカーサナ)の腕と上半身の動きにフォーカス。肩こり緩和などの目的でよくシークエンスに加えるアーサナですが、「あれ?この生徒さんは本当にストレッチできているのかな?」「狙い通りにリードできているのかな?」と思ったことはありませんか?立位に比べて激しい動きではないものの、肩の柔軟性が問われるために苦手という人が多く、実は無理をして行っていることも多いアーサナです。「左手を下から回すときはやりやすいのに、右手だとやりにくい」など、インストラクターをしていれば、牛の顔のポーズについては何かしらの相談を受けることもあるはず。「生活習慣などで左右差があるのは当然」と済ます前に、どうしてそうなるのかを考えてみませんか?

自分のカラダと照らし合わせながら、体験的に学んでいきますので、思いもしなかったカラダのクセがわかるかもしれません。このWSで体験したことをご自分のクラスのリードに活かせれば、いつも以上のストレッチ感を味わってもらえることでしょう。

まずはご自分のカラダで知って、体験してください!

6月30日(日)は「うで編」・7月30日(火)は「あし編」

腕と脚の2回シリーズです。6月30日(日)は「うで編」と題して、下記のような内容で分析し、牛の顔のポーズ特有の動きのプロセスをご自分で把握し、解説できるようにすることを目的としています。「うで編」だけでも完結した内容ですが、7月30日(火)開催の「あし編」と合わせてご参加いただくことをおすすめします。

  • 1. 軸骨格となる頭と脊椎に加え、腕の骨(鎖骨・肩甲骨・上腕骨・橈骨・尺骨・手の骨)の形や構造と位置を理解する。
  • 2. 腕の各関節がどのように動くのかを理解する。
  • 3. 牛の顔のポーズで必要な腕の動きは何かを考える。
  • 4. 「生活習慣によって必要ではない動きまでしていないか?」を考える。

スケジュール・ワークショップ料金

日時 6月 30日(日) 10:30〜12:30
料金 3,500円
※7月30日(火)の「あし編」もご参加の場合は500円割引。

YOGA BASE LABへのお問い合わせ

HP:https://yogabaselab.com
Email:yogabaselab@gmail.com

関連記事
-->