toggle
2021-01-17

人生を好転させる3ステップ – 人生がうまく行かない原因は、自分との「不調和」だった。|伊藤由美子さんのチベット瞑想ワークショップ

ヨガ 銀座 少人数制 ヨガスタジオ パーソナルヨガ
ヨガ 銀座 少人数制 ヨガスタジオ パーソナルヨガ

伊藤由美子

南インドのチベット僧院、東京のチベット仏教センターにて、チベット仏教、チベット語の研鑽を積む。現在、アート・教育・スピリチュアルの3部門にて、絵画展、ワークショップ、こころと身体を育てる「ブライトニング・コース」、アカシックレコード・リーディングなどオリジナルメソッドにて活動中。

 

ヨガ 銀座 少人数制 ヨガスタジオ パーソナルヨガ

毎月第3金曜日に開催されている伊藤由美子さんの瞑想ワークショップ。2020年12月は「ひかりのからだになる。大浄化大会」でした。伺いたいと思います。


ヨガ 銀座 少人数制 ヨガスタジオ パーソナルヨガ

12月の瞑想ワークショップでも、いつも掲げている内容プラス、集まった方々の共通のテーマをリーディングして読み解きます。今回のテーマは「調和」でした。

「調和」とは、自分を押さえて無理に周りに合わせることでも、周囲が円滑に進むように自分を酷使することでもありません。それでは、どんなステップを経て自分と周囲と調和し、人生好転の答えを見出していくのでしょうか。

ステップ1:優先すべきは自分との調和。まず自分に素直になる

今月の瞑想ワークショップでは食べ物に乗っているエネルギーも使ってリラックス、デトックスをしていただきました。楽に自分に向き合える様に場を整えました。

お食事の場が楽しかったり、食べるものが美味しかったり美しかったりすると、心が緩んでいきます。そうすると、頭はお休みして、自分に素直になってくるのです。

自分に素直になると、本当の問題とも無理なく向き合えるようになります。だから、他人のお世話にかまけて、自分の課題を見てみないふりをしていたんだと気がつくことができます。

ステップ2:つぎに、感性と客観性を磨く

ワークショップの中で、場作りが1番重要かつ、難しいことだと思っています。そのうえで、今回は集中する瞑想と、観察する瞑想の2つの視点を設けました。
自分との調和ですからね。感性と客観性は両方必要です。

チベット仏教では、「シネー」と「ハクトン」といって、集中と観察の両方を重視します。これをバランスよくやると、瞑想しすぎでフワフワすることも無くなります。


 

ヨガ 銀座 少人数制 ヨガスタジオ パーソナルヨガ

チベット語ですが、シャマタとヴィパッサナという言い方もあります。ヴィパッサナはよく聞きますね。

今回は、身体ほぐし→呼吸法→客観的に観察する瞑想を先にやってから、シネーの瞑想をやりました。

ステップ3:答えは自分の中にすでにある!さいごは頭の中をクリアにするだけ

呼吸と身体のバランス整えないと、自分への客観性崩れます。それらが整っていないのに一生懸命客観性持とうとしても難しい話です。

呼吸法も自分の身体の状態を客観的に見てもらうやり方です。皆さん、自分がちゃんとバランス良く呼吸してなかったことがわかり、驚かれていました。さらには、瞑想方法と、日常的に必要な心がまえをお伝えし、日常でも実践してもらいます。

身体ほぐし、そして一番重要な呼吸を意識すること。これらを日常的にやっていくと自然な形で心が変わっていくことができるんです。ひとりで悩んだり混乱するより、楽に変化を味わうことができます。なぜなら、人生が好転する答えはすでに自分の中にあるから。

私は場を設けてちょっとしたコツをお伝えするだけです。でも、劇的に人生が変わります。

目に見える世界は、結局は自分の内側の投影

調和とは、陰陽や善悪と呼ばれるもの、すべてがバランス良く受け入れられて、心に平安があるということです。自分の内側、外側両方ですね。それが出来ると、外側で何が起こっても、心穏やかに平和でいられます。

コロナ禍でも怖がって内に籠る人と、逆に自由になる人といますよね。同じ状況でも感じ方と捉え方がまるで違います。だから、基本はいつどんな時でも楽にポジティブにとらえましょう、という提案をしたいです。

知らず知らずのうちに流れに逆行すると苦しくなります。良い風には乗っておいた方がポジティブになれます。

コロナ禍は自分と周囲との関係(調和)を進化させるチャンス

コロナの捉え方次第で新たな視点や可能性が広がったり、人生の潮目に気がつくことできます。そして恐れから来る情報に必要以上に飲み込まれなくてすみます。

いい意味でコロナを利用するのは良い事だと思います。コロナは自然の摂理ですから。そろそろ変えて行かないとダメですよ、という自然界からのお達しでもありますね。

自分の犠牲の上に成り立っている人間関係は、不健康。本当の意味での「調和」ではない

今回の瞑想ワークショップのリーディングのメッセージは、必要以上に他者の世話焼き、お節介して相手を縛ってしまう方が多いとのことでした。
まず言えるのは、愛と情とは違うということ。今回の場合は他者(家族を含む、自分以外のヒトという意味)ですね。


 

ヨガ 銀座 少人数制 ヨガスタジオ パーソナルヨガ

皆さんに、このことを話したら突っ伏す方多かったですね。笑

家族を含む他者に気を取られて忙しくしている状態は、一見充実した毎日を送っているようで、じつは自分をおざなりにしている状態だといえます。
すなわち、自分の問題と向き合うのが怖くて他者に意識を向けすぎて気を紛らわしている状態であると言えます。

本当の問題は自分の中にあるのに、それと向き合いたくない気持ちが働いているのです。これでは、まず自分自身と「調和」しているとはいえません。

さらには、そんな状態では周囲や本当の自分の変化に気づけず、本当に必要な行動ができませんよね。いわば、飛ぼうとしているのに風に乗れない状態といえます。

 

伊藤由美子さんの瞑想ワークショップ:プチ結界講座

そして、由美子さんの手作り弁当ですね!

伊藤由美子さんの瞑想ワークショップ:プチ結界講座

毎回浄化ですが、特に12月なので一年の総括で
高野山のオーガニック農家さんから採れたて無農薬、無肥料、自然農の物をいただき、背負って帰ってきました

素材自体が違うんですよ〜
そして、友人なので作った場所やどの様に作られているか環境や心持ちもわかるし、空気と共に運んできた感じですね

  • ・採れたてオーガニック野菜のサブジ
  • ・白菜とトロトロめかぶのダシと言う山形の郷土料理
  • ・大黒さまの御歳夜が近かったので、これも山形庄内地方の郷土料理の黒豆ご飯のおにぎり
  • ・生姜の赤紫蘇漬け
  • ・採れたて赤水菜やカブ
  • ・青梗菜、ほうれん草のサラダ
  • ・里芋やジャガイモの煮付け
  • ・キクイモとカブのソテーなど
  • ・お茶は出雲の千年前のハスのタネから芽吹いたハス茶
  • ・デザートに庄内地方の柿とカボスと柚子とレモンとおからをあえた甘いサラダ
  • ・出雲の生姜糖

次回の瞑想ワークショップ

毎月第3金曜日 19:00 – 21 :00

1月29日(金)19:00 – 21 :00
ZOOM同時開催

テーマ:ドリームメディテーション

夢を見る、夢を感じる、夢を読み解く
夢に意識を向けると、現実の世界で直感が冴え、自分の進む方向が明確になってきます。
夢を扱う方法をお伝えします。

参加費

ZOOMで参加 5,000円
ハスヨガ銀座 5,500円(お茶、お菓子付き)
【チケット】
3回チケット 15,000円(1回5,000円)
6回チケット 27,000円(1回4,500円)
1年チケット 48,000円(1回4,000円)有効期限1年半

ご予約

    必須
    必須
    クラス名必須
    チベット瞑想会 毎月第3金曜日19:00 – 21 :00
    日付
    メッセージ

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    関連記事
    -->