toggle
2020-09-26

10月のマインドフルネスヨガ

今のありのままを受け入れる

マインドフルネスとは、いまこの瞬間に注意を向け、気づいたものをありのまま受け入れた状態のことです。マインドフルネスと聞くと、呼吸に注意を向けるマインドフルネス瞑想のイメージを持っている方も多いと思います。マインドフルネス瞑想はマインドフルネスな状態で行う瞑想のことを指します。マインドフルネスには、ウォーキングマインドフルネス(歩行瞑想)や食べるマインドフルネスのように様々な方法があります。

過去にとらわれたり、未来に不安にならないこと

マインドフルネスヨガは、マインドフルネスな状態で行うヨガのことです。ヨガのポーズを取る中で、身体の変化や気持ちの変化に注意を向けて、いまこの瞬間に自分の身体の中ではどのようなことが起こっているのかなと気付いていきます。気づいたものは、誰かや過去の自分と比較せず、「うまく行った」「隣の人よりダメだな」等と良し悪しの判断をせず、ありのままを受け入れていきます。一般的なヨガとの違いは、マインドフルネスな状態で行っているかどうかです。難しいポーズと取ることや、正確に綺麗なポーズを取ることは重要ではありません。注意深く自分を観察し、自分の内面にいかに気づけるかがポイントです。

ヨガ ✕ マインドフルネス

マインドフルネスヨガは、マインドフルネス瞑想ではうまく集中できなかった方にもおすすめです。なぜかというと、動作を伴う分、注意を向けやすくなるからです。マインドフルネス瞑想による呼吸の変化は小さいものです。
しかし、マインドフルネスヨガでは、ポーズが変わることで筋肉の伸びや縮み、力の入り具合は大きく変化をします。マインドフルネス瞑想に挫折してしまった方も、ぜひマインドフルネスヨガを試してみてください。

石上友梨 公認心理師 / 臨床心理士 ヨガインストラクター マインドフルネス瞑想ワークショップ ハスヨガ銀座スタジオ

石上友梨

臨床心理士/公認心理師 ヨガインストラクター
体へのアプローチやマインドフルネスを学びたいと思い東チベットやインドで瞑想を学び、ネパールで全米ヨガアライアンス200を取得。帰国後、現在は医療機関、行政機関などで認知行動療法をベースとした心理カウンセリングを行いながら、ヨガ講師やライター業、講演活動など幅広い分野で活動中。

マインドフルネスヨガ 〜気づきと思いやり〜 10月の予定

10月13日(火曜) 19:15-20:30
10月23日(金曜) 19:15-20:30

料金

2000円
※別途ヨガマットレンタル300円

ご予約

    必須
    必須
    クラス名必須
    マインドフルネスヨガ 〜気づきと思いやり〜 毎月第2火曜日 19:30-20:30マインドフルネスヨガ 〜気づきと思いやり〜 毎月第4金曜日 19:30-20:30
    日付
    メッセージ

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    関連記事
    -->