toggle
2020-10-09

伊藤由美子さんの瞑想ワークショップ:イエローメディテーション

伊藤由美子

南インドのチベット僧院、東京のチベット仏教センターにて、チベット仏教、チベット語の研鑽を積む。現在、アート・教育・スピリチュアルの3部門にて、絵画展、ワークショップ、こころと身体を育てる「ブライトニング・コース」、アカシックレコード・リーディングなどオリジナルメソッドにて活動中。

9月18日に開催された伊藤由美子さんの瞑想ワークショップ。テーマは「イエローメディテーション」イエローをテーマにした瞑想は、心も身体も元気になること。さらに、今回の会はお弁当つきということで、お腹も充たされてさらにパワーチャージができたワークショップでした。今回もどんな気づきがあったのか伺いたいと思います。

今回の手作りお弁当メニュー

  • ・空芯菜と錦糸卵とイエローパプリカの胡麻和え
  • ・カボチャのココナッツミルクスープ
  • ・スパイスと野菜たくさんの黄色いヨガカレー(サブジ)
  • ・黄色いおむすび2個 – ショウガとクミンの佃煮、カブ葉のお漬け物
  • ・おからと野菜のスパイスモモ(チベット餃子)
  • ・グリーン&イエロートマト
  • ・食べられる菊の花

今回は黄色がテーマですので、お弁当のメニューも黄色ですね!今回もとてもおいしそうです!


前日から祈りのパワーで作りますので、正直、結構大変です(笑)使用している食材はオーガニックの良いものですので、採算度外視ですね〜

あとは、当日その場で温かいものをつくれないので、冷めても美味しいもの、家から持ち運べるものを、時間計算しながら作っています。

メニューは、あとは皆さんの心身に合ったものをリーディングして作りますから元気になりますよ。ZOOMの方も喜んでいただけるように、画面に映しながら説明して、エネルギーが伝わるようにしています。

「元気」とは

「元気」枯れている氣が満ちるようになること。しんなりしていた植物が生き生きと蘇生する感じですね。細胞の隅々まで水分行き渡る感じです。
皆さん在宅やコロナストレスの方もいらっしゃいますから、いつもと違った疲労されている方が多いです。

都会で暮らしているとなおさら、元気がなくなる要素がいっぱいだし、自分に元気がない事って自覚しにくいと思うんです。

気づいていればなんとかしようとしますが、慢性化すると鈍ってきますね。瞑想ワークショップに来られる方は、疲れているしなんとなくヤバイと思っている方々がいらっしゃいます。「なんとなく」の時は相当ヤバくなってますが、まだ回復力がみこめる方。あとは病院には行くほどじゃ無いけどワークショップに出たら疲れ取れるな〜とか勘で参加される方もいらっしゃいます。基本的に丈夫で倒れない人たちが、じつは崖っぷちにいる。つまりギリギリなところで踏ん張って頑張っている状況の方が多いですね。

例えば、目の焦点合ってないのに、本人は「大丈夫です」と。でもなんだか違和感があって、とか。本人が感じる「なんとなく」の違和感が相当根深い事が多いです。

色のテーマだけではなく、言葉のテーマも

瞑想ワークショップでは、色のテーマ以外に言葉のテーマをリーディングします。今回集まった方々のテーマは、「たよる」でした。

自分を「信頼」していますか?

色のテーマは黄色なので「新生、生まれ変わる」ですが、それ以外に、今回集まった方々の状態と、どうすれば良いかのテーマをリーディングして言葉としておろします。シンプルな「言葉」だと、皆さん直球で入るようで、納得されますね。毎回、言葉を発表すると、図星過ぎて突っ伏す方も多いです。「たよる」は基本的に自分で全部やり過ぎて頑張りすぎ、疲れ過ぎてどうしようもない状態になっておる方達に届いてほしいメッセージですね。

ただ、人に頼ることは、時に難しかったりします。自分でやった方が楽だし、仕事もはかどるように見えるからです。でも、そこを相手を信頼して任せたり頼ることは、「自分自身への信頼」と同じであるという事です。

自分自身を信頼できない人は、他者のことも信頼できないし、他者にお願いしたり頼れないのです。自分より仕事できない人に頼ったら、尻拭いでさらに仕事増えるから、一見自分でやった方が楽だし早いと見えがちです。でも、大きな勘違いですけどね。
「社員の事が信頼できない、部下の仕事が自分よりできない、他人のすることには不満」という社長さんが見受けられます。しかし、そういう会社は伸びないですね〜
社長が自分自身と社員を信頼できないので、社長自身も社員もお互いの力が発揮できない
人というのは、信頼されたら頑張るんですよ。逆に、ダメと思われたらダメな人にしかなれない。

これは、企業だけでなく、一般的な日常生活にも当てはまるんです。家事を全部やって、家の事を子供や旦那さんに頼めない、自分がやった方が遥かに上手にやると思っていらっしゃる主婦の方とかわかりやすい例かと思います。

この場合も、任せて見守れるのは、自分自身への信頼がなければできないですよね。実は、やらせてみたら意外な才能出てきて、結果的に自分が助かったり楽になったりするんです。そうやって、信頼関係を育んでいくと、自分も幸せになるし、周りも幸せになる。

家族や仕事で忙しくして、誤魔化している人は要注意です。世話される子どもは、実際にはそんなに親のこと必要としてないよーって事もよくあるんです。「あなたには、まだ早いから」とあれこれお親が先回りして子供を過保護にしているうちは、子どもだけじゃなく自分も成長できません。

瞑想ワークショップでは、こういった思い込みを、それは幻想だよと気がついてもらうことをやってます。

言葉プラス瞑想で緩んで、美味しいご飯も食べてリラックスすることで、自分の歪みを自分で気がつく事ができるんです。

人に言われても反発するので、ゆるんで自分に素直になった時がチャンスですね〜

あとは、ひとりで思いつめている人、客観性失っている人多いので、集団でワークショップしていると、あの人もそうなのか、自分と共通点あるな、と楽に認めることできます。

集団パワーでお互いがお互いを影響しあって、相乗効果が生まれるんです。共時性もあるし、お互い認めあったり、それぞれのシェアにハッとしたりして、終わる頃には自然に重い衣を脱いでいます。

まずはリラックスです。

ワークショップに集まる方は、親しい友人ではなく、でもなんとなく顔見知りだったり、私と知り合いだったりして、その程よい距離感が素直になり、共振するようです。そういう場作りが重要だと考えています。

どんな方が参加されているのですか?

私のクライアントさんだったり、クライアントさんの友だちだったり、私の過去のワークショップ参加者だったり、私が直接知り合いでなくてもなんとなくつながっていることが多いですね。あとはfbやブログ見ていらした方とか。でも大概、誰かと偶然繋がっていた、ということも多いです。
講演会の動画配信されたので、それを見ていらした方とかも。瞑想とかセッションとか、世の中にはたくさんありますから、その中で何かピンと来た、という勘で集まってきてますね。そういう意味では皆さん、何か共通するものがあるかもしれません
ここに行けばなんとかなる、必要なものがある、と感じているのでは

私は肩書きもないし、資格とか、偉い先生とかバックに居ないし、笑、そういうところでは評価ができないので、皆、なんとなくのカン。ここがあるかどうかで人生変わってきますね。

次回の瞑想ワークショップ

毎月第3金曜日 19:00 – 21 :00

2020年10月16日(金)プチ結界講座

蔓延するウイルス、環境汚染物質、電磁波、人の念、、、それらから自分や家族の身を護るための方法を、簡単に楽しくお伝えします。結界とは、何かを否定して、はじくラインではありません。 自分がどのような意識で人生を切り開いていくのかを認識し、表明することでもあります。

ご予約

    必須
    必須
    クラス名必須
    チベット瞑想会 毎月第3金曜日19:00 – 21 :00
    日付
    メッセージ

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    2020年 瞑想ワークショップスケジュール

    10月16日(金)
    プチ結界講座
    蔓延するウイルス、環境汚染物質、電磁波、人の念、、、それらから自分や家族の身を護るための方法を、簡単に楽しくお伝えします。結界とは、何かを否定して、はじくラインではありません。 自分がどのような意識で人生を切り開いていくのかを認識し、表明することでもあります。

    11月13日(金)
    緑の森に入る〜フォレストイン・マイハート 内なる声を聴く
    自分のこころは何を感じ、求めているのでしょう?それを的確に聞けているでしょうか? こころと身体をゆるめ、ひらくことによって聴こえてくる、内なる声に耳を澄まします。 呼吸法、チベットのマントラ(真言)、イメージを使って瞑想を深めます。瞑想が初めての方でも大丈夫です。

    12月18日 (金)お食事付き
    ひかりのからだになる。大浄化大会
    一年の締めくくりに、身体とこころのお掃除!ひかりのからだになるための、チベット密教の瞑想。簡単で安全で効果的なやり方を伝授します。来年に向けての準備も。忘年会を兼ねて御神酒の振る舞い有り。

    関連記事