toggle
2020-08-19

本当は胸を開かないらくだのポーズ?動きのしくみがわかる解動学入門「頭+胸椎」 

ウシュトラアーサナ

胸椎にはできない動きがある

脊椎は、頸椎から尾骨までが連動してウェーブで動くのは大前提なのですが頸椎、胸椎、腰椎それぞれで出来る動きと出来ない動きがあることを今までのヨガでは、ほとんど伝えていないと思います。解動学では、それを知ることはケガの予防や動きやすさにつながると考えています。

今回お話するのは胸椎の動きについてです。


Image by YOGA BASE LAB

できる動き

・ひねりや側屈はできます。

できない動き

・反る動きがほぼ出来ない骨の形になっています。

胸椎は、肋骨と胸骨とともに胸郭を作っています。胸郭は「肺と心臓を守っている」とイメージすると、そんなにたくさん動かないことも分かりやすいと思います。

コブラのヨガポーズをすると腰が痛くなりやすいのはなぜ?

コブラの反る動きをするときに、無意識で体を動かすと、脊椎で一番動きやすいみぞおち辺りの腰の部分で動いてしまいがちです。その上さらに、反らせた上体をキープするために腰まわりの筋肉を固めます。痛みは筋肉の使いすぎを知らせてくれる大切なシグナルです。
無意識の動きを長く続けている人は、腰まわりの筋肉がかなり硬くなっていて、少しの動きでも、すぐに痛くなるようになりますよ。

コブラのポーズをとる時のコツ・ポイント

まず、手のひらを胸の横についた時に、腕と背中側に力が入っていると、次の動きを妨げてしまうので、手のひらをついたうつぶせ体勢で、自然な呼吸ができているか確認してみましよう。呼吸とともに体がふんわりと動いていれば、動きやすい状態だと思います。

そこから片手ずつただ肘が曲がって、胸の横に手のひらをつきます。

意識してみるとすごい力が入ってました!


あるあるです!
さらに頭頂から足先まで、全身の連動をイメージしやすくするために軽く揺れてみましょう。腕が動く時には、頭も自然に動き胴体のひねりも起こります。クロールで泳いでいるようなイメージするといいかも。

クロールは頭から動いてます。そして後頭部や胸郭の丸みの立体感もイメージしてみましょう。


でも、なんで力が入るんだろ。


腕をつく時に、力が入っていると胴体を固めてしまうのでそれ以上は動きにくくなります。そこをムリに動かそうとすると、1番動きやすい腰で動いてしまうことに繋がっていきます。

手のひらが自然につけたら、頭頂から足先までの連動をイメージして丁寧に頭から動き始めて、視線が前から上に流れるようにして動いてみてください。


腕を動かす前に、基本の背骨と頭に一旦戻るということでしょうか?


そうですね。
手のひらをつくところで終了ならいいのですが、コブラはまだそこから反っていくので
手のひらをついたときに、軸骨格が動きやすい状態なのが大切です。
それは無意識の動きを、意識的に変えていくことでもあります。

もちろん胸を開くというイメージでも、大胸筋や背筋で体を支えることも出来ますが
そうすると筋力の弱い女性は特に、呼吸のために使う筋肉も固めてしまうことになるので
呼吸がとても浅くなってしまいます。

呼吸や動きやすさのために出来ることは、筋力強化や反復練習のほかにもあるということをことを知って、さらにヨガを楽しんでもらいたいです。

動きのしくみがわかる解動学入門(ハタヨガ)

毎月 第3土曜日11:00 – 12:15

9月の予定
2020年9月19日

【対象】
ヨガ経験者、ヨガインストラクター、身体の動きの仕組みや解剖学に興味のある方

ヨガインストラクター 山本あつこ

Atsuko

2019年にアレクサンダー・テクニークと解剖学から「動きやすさの法則」を体系化した新しいヨガとして、YOGA BASE LABを仲間と共に発足。都内スタジオでヨガを教えるほか、自ら教室も主宰しています。

動きのしくみがわかる解動学入門(陰ヨガ)

毎月第1・3火曜日 11:00 – 12:15

9月の予定
2020年9月1日
2020年9月15日

【対象】
ヨガ経験者、ヨガインストラクター、身体の動きの仕組みや解剖学に興味のある方

ヨガインストラクター ホタカミア

Mia

ライター、グラフィックデザイナーとして編集プロダクションに勤務。10年以上にわたって広告などの制作に携わり、会社と自宅の往復に追われる中でヨガと出会いました。30歳台後半でシェーグレン症候群であることが発覚し、不意の発熱、倦怠感、指先や耳の極端な冷え症、手首の関節痛、咳喘息といった症状に悩まされるように。以後、病と共に上手に生きる術を模索し始めました。

ご予約

    必須
    必須
    クラス名必須
    日付
    メッセージ

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    関連記事